不安になったらアフターピル

不安になったらアフターピル

いくらパートナーが避妊具(コンドーム)をつけていても失敗する可能性は0%ではありません。万が一避妊に失敗してしまってもただ生理がくるかを待つだけではなく、アフターピルでしっかりと避妊を行いましょう。

アフターピルなら避妊を失敗しても大丈夫

「アフターピル」とは、避妊に失敗した際の望まない妊娠を避けるための緊急避妊薬です。
受精卵の着床を防ぐためのピルで、避妊に失敗してから72時間以内に服用することで、妊娠を回避することができるとされています。
アフターピルは、産婦人科などの医療機関で医師により処方してもらうことができます。アフターピルの種類には現在、プラノバール錠とノルレボ錠の2種類が存在します。
プラノバール錠はヤッペ法と呼ばれるもので、中用量ピルを使用した緊急避妊法です。服用方法は、性交後72時間以内に緊急避妊として必要なホルモン量の2錠を服用します。そして、その12時間後に更に2錠服用します。
ノルレボ錠は、性交後72時間以内に1回に2錠服用します。プラノバールは、緊急避妊薬として認可がおりておらず、緊急避妊薬として代用していましたが、ノルレボ錠は、緊急避妊薬として認可がおりているお薬です。 現在では、プラノバールを使用する方法は少なくなっているようです。
アフターピルは、保険適用外になるので、自費診療となります。自由診療なので、医療機関によっても金額が全く異なります。服用を希望する際は、あらかじめ医療機関に問い合わせて金額を聞いておくと良いでしょう。 プラノバール錠を使用するヤッペ法では平均7000円~10000円とされています。ノルレボ錠は、15000円~20000円とされています。
性交は、妊娠を目的として行うだけとは限られないので、時には望まない妊娠の可能性を心配するケースもあります。避妊具を使用したが何らかの理由で破損してしまった場合もあるし、中には事件もあるでしょう。これらの理由によって、望まない妊娠を防ぐために、アフターピルは大変効果が期待できます。たとえ、避妊に失敗したとしても大丈夫なので、女性は救われるお薬です。