不安になったらアフターピル

いくらパートナーが避妊具(コンドーム)をつけていても失敗する可能性は0%ではありません。万が一避妊に失敗してしまってもただ生理がくるかを待つだけではなく、アフターピルでしっかりと避妊を行いましょう。

アフターピルの処方と月経異常度チェックの必要性

もしも性行為後の望まない妊娠を回避したい場合は、アフターピルを処方してもらうとよいかもしれません。アフターピルの妊娠回避率は非常に高いので、服用することによって十分妊娠を回避することができます。ただし、アフターピルを服用する場合は、72時間以内に服用するということが大事になってきます。もしも、72時間を過ぎてしまうと、妊娠回避率が下がってしまうので注意が必要になってきます。また、アフターピルは薬ですから、初めて処方をしてもらう場合は、副作用はあるのか、処方上の注意点などを医師から説明を受けることが大事になってきます。このアフターピルを服用すると月経のタイミングが変化するといわれています。ですから、自分自身で体調の変化も管理しておくことが重要になってきます。このような月経異常度チェックをするためには、まずは自分の月経がいつなのかということを把握しておく必要があります。一般的な傾向としてアフターピルを服用したタイミングによっては自分の月経が来る日よりも前のタイミングに月経がくる場合があります。そのような場合は、排卵期であるか、排卵期の直前にアフターピルを服用していた可能性があるということになります。薬をどのタイミングで服用をしたかどうかということを知るためには、あらかじめ自分の基礎体温表をつくっておくということが月経異常度チェックをするためには必要になってきます。このような月経異常度チェックをしていても、妊娠しているかどうかの判断が難しい状況になってしまうことがあります。そのような時は、自分で妊娠検査薬を使用して妊娠かどうかを検査したり、病院に行って検査を受けたほうが良いでしょう。