不安になったらアフターピル

いくらパートナーが避妊具(コンドーム)をつけていても失敗する可能性は0%ではありません。万が一避妊に失敗してしまってもただ生理がくるかを待つだけではなく、アフターピルでしっかりと避妊を行いましょう。

カッターや100均ケースでアフターピルを持ち運びやすく

性行為において、避妊に失敗してしまった場合、アフターピルを服用することで妊娠を回避することが可能になります。
もちろん100%とはいいきれませんが、出来るだけ早めに正しくアフターピルを服用することで避妊効果はぐっと上がります。
万が一のことも考え、アフターピルを常備していらっしゃる方も多いようです。

しかし、箱のままバッグやポーチに入れておくのは味気ないですし、抵抗がある方もいらっしゃることでしょう。
そのため、中身を100均ケースなどに移し替えて持ち運ぶのがお勧めです。
そうすることでコンパクトになりますし、見た目も可愛らしくなります。
100均ケースは実に種類が豊富で、様々なサイズ、色のものが販売されています。
もちろんお薬ケースも販売されていますが、100均ケースの中から気に入ったものにアレンジを加えてオリジナルのケースにしていらっしゃる方も多いようです。

名刺入れやカード入れなどを使用すればシートごと保管出来るようになります。
飲み忘れにくくなるのでお勧めです。
大きさが合わない場合は、お薬の周囲をカッターなどで切り取るのもいいでしょう。
可愛らしいラメやデコレーションシートなども販売されています。
ケースに合わせてカッターで切り取って貼るだけで簡単にアレンジ出来るのでお勧めです。

100均ケースには大きなものもありますので、自宅で保管する際にもとても便利ですよね。
アフターピルだけでなく、他のお薬等もまとめて保管しておく場合には仕切りを付けておくと使いやすくなります。
仕切りも100均に販売されているので、それらを利用してもいいですし、牛乳パックなどにカッターで切り込みを入れてあげるだけでも簡単に仕切りは作れますのでお勧めです。