不安になったらアフターピル

いくらパートナーが避妊具(コンドーム)をつけていても失敗する可能性は0%ではありません。万が一避妊に失敗してしまってもただ生理がくるかを待つだけではなく、アフターピルでしっかりと避妊を行いましょう。

リズム法などの避妊法、着床中止にはアフターピルを

避妊法はいくつかあり、正しく行なうことで効果が期待できます。避妊法で知られているのはコンドームを使用した方法です。避妊以外に性行為感染症を予防できるメリットもあります。避妊法のひとつにピルの服用があります。ピルは最も確実な避妊法で、病院できちんと診察を受けながら処方をうけることで副作用の心配がなく安全な方法です。リズム法は基礎体温を記録しながら排卵日を外して性交を行なう方法です。リズム法は自然な方法ですが、避妊に失敗率も高いため、リズム法は他の方法と組み合わせて行なうことが良い選択と言えます。
緊急避妊法にモーニングアフターピルがあります。モーニングアフターピルは、避妊せずに性交したり、いくつかある避妊法を失敗した場合、性交後にホルモン剤を服用することで避妊を回避しようとする方法が緊急避妊法のモーニングアフターピルです。緊急避妊をするには、性交後72時間以内に薬を飲む必要があります。72時間を過ぎてしまうと他の方法に頼ることになります。モーニングアフターピルはピルの一種で、避妊効果は100%ではありませんが、望まない妊娠を避けるためには知識として知っておく必要はあります。
避妊の失敗率が低いピルは安心できる避妊法ですが、まれに人によってはむくみや頭痛、吐き気、乳房のハリ、体重増加などの副作用を感じることがあります。この場合は中止する必要はありますが、服用を始めてから1~2ヶ月の間だけで、その後は問題なく服用できる場合が殆どでもあるため、むやみに中止せずに医師に相談することが大切です。また、ピルを中止すると約2ヶ月後には排卵が再開するため、妊娠は可能になり、胎児や妊婦に何の問題も残らないため安心です。
自分にあった避妊方法を知ることは良いことで、望まぬ妊娠をしないためにもモーニングアフターピルについて知っておくことは大切なことです。