不安になったらアフターピル

いくらパートナーが避妊具(コンドーム)をつけていても失敗する可能性は0%ではありません。万が一避妊に失敗してしまってもただ生理がくるかを待つだけではなく、アフターピルでしっかりと避妊を行いましょう。

家族性高脂血症の人のアフターピル服用と膀胱炎

ピルは避妊薬として知られています。
ピルは毎日薬剤を飲む事で、女性ホルモンのバランスを調整し、排卵を抑える事ができるのが特徴です。
排卵しなければ似妊娠する事は無い為、妊娠を希望しない方にピルはお勧めと言えるでしょう。

ただ、ピルを服用していなかったのに、避妊をしていなかったなど無防備な性行為をしてしまった場合、その後にピルを飲んでも避妊の効果は期待できません。
このような場合は、アフターピルが避妊に有効と言われています。
アフターピルは性行為の後、72時間以内に服用する事で妊娠のリスクを下げてくれる薬剤です。
アフターピルを服用する事で、精子と卵子の出会うタイミングをずらし、妊娠を避けられます。
望まない妊娠を予防する為にも、アフターピルは日頃から常備したい薬剤です。

ただ、アフターピルを服用した事で、膀胱炎のような症状を訴えるケースも少なくありません。
アフターピルで膀胱炎になる事は、あるのでしょうか?
アフターピルの副作用には、膀胱炎は今現在では上げられていません。

性行為により雑菌が繁殖し膀胱炎を発症した、また感染症を引き起こしているかもしれません。
残尿感や排尿に痛みを感じる時は、すぐに医師に相談しましょう。

女性をサポートしてくれる薬剤ですが、家族性高脂血症を発症している場合、アフターピルを初めとする全てのピルを、服用する事はできません。
ピルは2つの女性ホルモンが含まれている薬剤です。
女性ホルモンの「卵胞ホルモン」が多くなり過ぎてしまうと、血栓症のリスクが高まります。

家族性高脂血症の方は遺伝的に、コレステロール値が高い状態にある為、ピルを服用する事で通常よりも血栓症を引き起こしやすくなるのです。
ですので、家族性高脂血症の場合は、ピルを服用できない事になっています。